HOMEへ


 
 
新着情報 御祭神・由緒 年中行事 神事ご案内
結婚式 境内ご案内 所在地地図 高津宮あれこれ


人生と神事

着帯祝 ・・・ 妊娠五ヶ月目に行ない、多くは戌の日を選びます。当宮安井稲荷大神(安産の守護神)御祈祷済みの岩田帯、安産お守が授与されます。
   
七夜の祝 ・・・ 生後七日目に行ないます。この日始めて名をつけます。
   
宮参り ・・・ 男児は生後三十日、女児葉生後三十一日目に産土神に詣で幼児の健康を祈ります。
   
喰初祝 ・・・ 生後百二十日目に米飯魚肉を喰べさせます。
   
初誕生 ・・・ 満一年目の誕生日に行ないます。
   
初節供 ・・・

生後初めての節供で女児ならば三月三日のひな祭、男児ならば五月五日の端午を祝います。但し生後二十一日以前の時は翌年行なうのが通 例です。

   
七五三祝 ・・・ 男女児三才を髪置、男児五才を袴着、女児七才を帯解の祝としていずれも十一月十五日産土神に参詣します。
   
成人祝 ・・・ 男子女子とも満二十才の一月第二月曜日に行ないます。大人になった事を自覚、自ら生き抜こうとする青年を祝い励ます意味の祝いです。
   
結婚式 ・・・ 御神縁によって結ばれた二人が、力強い新家庭の弥栄を神前にて誓い合います。
   
厄年 ・・・ 数え年で、男は25才・42才・61才、女は33 才・37才・61才。災厄が身に振りかからないよう、厄祓(やくばらい)をします。厄年表
   
年祝 ・・・ 銀婚式:結婚後満二十五年。還暦祝:満六十才の誕生日。古稀祝:七十才の誕生日。金婚式:結婚後満五十年目。喜寿祝:七十七才の誕生日。米寿祝:八十八才の誕生日。


HOME新着情報御祭神・由緒年中行事神事ご案内結婚式境内ご案内所在地地図高津宮あれこれリンク集 なにわのこてん