さくら
さくらまつりの頃
さくら
高台にある高津宮は桜の名所として有名です。70本のソメイヨシノと1本のしだれ桜が出迎えます。満開の頃は、さながら桜のアーチにかこまれたよう。
■高津宮桜祭りの由来

高津宮の桜まつりは、毎年四月一日頃より約1週間にわたって行われます。境内および高津公園に雪洞(ぼんぼり)を立てて夜桜公開、露店も出て多くの花見客で賑わいますが、もともとは春、桜が開花する四月の初午の日に行われる高倉稲荷の初午大祭にちなんだもので、氏子崇敬者の春を楽しむ行事の一つとなっています。

また、桜まつり期間中には「桜まつりイベント」として琴の演奏や野点等、風流な催しが行われ、高津宮でのお花見をいっそう印象深いものにしています。


■桜の下での結婚式
高津宮では屋内で挙式を行う結婚式場もございますが、本殿にて神前挙式を行うことができます。
特に桜まつりの時期などは、さくらの花に婚礼衣装がことのほかよく栄えます。満開の桜のもと、白無垢にわたぼうしで本殿までしずしずと進む花嫁のようすが皆の祝福を集め、格別におめでたいものとなるでしょう。
ホテルなどでも神前での挙式がブームになってきておりますが、格式ある神社での神前式は、厳粛な喜びを感じさせます。

緑にかこまれ神前結婚式を

■いろいろな桜のシーン
夜もにぎわう桜祭り。
独特の雰囲気です。
こんなシーンも桜の季節ならでは。
どうぞおそろいで足をお運び下さい。

新着情報 御祭神・由緒 年中行事 神事ご案内  
結婚式 境内ご案内 所在地地図 高津宮あれこれ -関連リンク集-




大阪市中央区高津1丁目1番29号
TEL.06-6762-1122(受付時間:9時〜16時30分)
FAX.06-6762-4915
Copyright(C)2001-2017 KOUZU-GU. All Rights Reserved.