落語ー文枝一門によるくろもん寄席
文枝一門会・くろもん寄席
くろもん寄席
くろもん寄席
高津宮が落語ファンに知られるきっかけとなった「くろもん寄席」は2009年7月をもって終了いたしました。
とんど祭、夏祭の際には故・桂文枝師匠も演台にあがり、おおいににぎわいました。
師匠をしのんで、高津宮境内に建立された記念碑が、いまも富亭を見守っています。
■上方落語と高津宮
「高津の富」「高倉狐」「崇徳院」をはじめ多くの上方落語に登場する高津宮。道頓堀からも歩いてほどよく、多くの若旦那やお嬢さん、でっちや番頭はんが高津さんにお参りにきたりして、高津宮に人が集まり文化の中心として賑わっていたからでしょう。 人が集まり文化が高まる。昔からそんな役割を神社が担っていたのです。

■高津の富亭
現在は、境内の参集殿の建物を「高津の富亭」と名付け、プロや社会人落語家による寄席が定期的に開催されています。 多い月では毎週寄席が開かれるほどで、落語好きには人気のスポットになっています。

プロからアマチュアと多くの落語会にご利用いただいている「高津の富亭」。昔ながらの座敷と、境内の雰囲気が落語を聞くのにちょうどいい。演台と客席の近さから非常に落語をしやすい、聞きやすいと評判です。ぜひ一度足をお運び下さい。

■桂文枝師匠の碑
高津宮が落語ファンに知られるきっかけとなった、高津の富亭「くろもん寄席」。その盛り立てに大きく力をいただいた故・桂文枝師匠をしのんで、高津宮境内に記念碑が建立されました。
石材は晩年に力を入れた創作落語「熊野詣」にちなみ寄贈いただだいた和歌山県新宮市産の花崗岩。碑文は三代目桂春団治師の筆です。

【高津さんのあれこれ・桂文枝師匠の碑】

■高津宮を舞台にした上方落語
「高津の富」
高津の富亭
高津の富亭
“子の千三百六十五番”
淀屋橋のみなみ大川町にあった宿屋に「鳥取の大金持ちだ」と大ホラ吹きまいて宿賃を踏み倒そうとする男がやってくる。大金持ちと言った手前、宿のおやじにすすめられた富くじを断り切れず、なけなしの一分でくじを買ったところ、その富くじが千両当ったからアラ大変、、、この富くじの抽選会場となったのが高津宮。昔のにぎわいが感じられます。この落語にちなんで、正月のとんど祭では「高津の富くじ」を毎年行っています。さすがに千両とはいきませんが、、、
「高倉狐」
高倉稲荷
高倉稲荷
“高倉稲荷へはどう行ったらよろしおま?
高津(こうず)〜っと行きまんねん“
高倉稲荷前の茶店が登場します。狐がコーンと人間に化けたところを見てしもた男が、こりゃオモロイ、いっちょ狐をダマしてやろうと料理屋さんに連れていって飲むわ食うわの挙句、狐にお勘定をまかせてトンズラ。狐はとんだ後始末。なんぼなんでも狐をダマクらかしたのでは後味がわるいと男が持ってきたお供えに狐は、、、高倉稲荷神社は商売繁盛・芸能の技能上達の神として知られます。お狐さんの上前ハネるなんてクワバラクワバラ…
「崇徳院」
絵馬堂
絵馬堂
“瀬を〜はやみ〜”
恋煩いで寝付いたという若旦那が、お嬢さんにヒトメボレしたというのが高津神社の絵馬堂前のお茶屋。江戸時代には境内から淡路島までスラーっと見渡せる程の展望で、お参りの後の茶店は賑わっていたのでしょうな。“瀬を〜はやみ〜”の「崇徳院」の歌を手がかりにお嬢さんを探し出す熊さんがあちこちで騒動をくりひろげるのですが…残念ながら今お茶屋はありませんが、絵馬堂横には縁結びの坂もあって密かにデートに人気とか。(逆側には縁切り坂もあります故ゆめゆめお間違えないように…)

新着情報 御祭神・由緒 年中行事 神事ご案内  
結婚式 境内ご案内 所在地地図 高津宮あれこれ -関連リンク集-




大阪市中央区高津1丁目1番29号
TEL.06-6762-1122(受付時間:9時〜16時30分)
FAX.06-6762-4915
Copyright(C)2001-2017 KOUZU-GU. All Rights Reserved.